×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。








きしの
   だいもく
題目
最終更新日 2002/04/03

角田浜の浜茶屋駐車場から義経の伝説のある「判官船隠し」へ向かうトンネルをくぐり、海沿いの遊歩道をしばらく歩いてゆくとこの「岸の題目」の碑があります。

日蓮は寺泊から佐渡に流罪されるときに嵐に遭い、この角田浜に漂着します。
このとき、岸に書きつけたのがこの「岸の題目」です。

このあと妙光寺で「岩の題目」を書き、さらに再度
佐渡に再度向かう途中、猛烈な嵐の中で海上に「波の題目」を書きます。その結果、その後波も風も静まったといいます。これは佐渡歴史伝説館でロボットが見せてくれます。え?なぜ最初の船出のときに波に題目を書かなかったかって?それは日蓮に聞くしかありません。
この岸の題目の遥か上を走る
シーサイドライン沿いにある日蓮像です。
この真下に岸の題目があるのです。

巻町角田浜

 越後の歴史探訪観光案内所