×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。









市振の

宿と
いちふりのやどと
        せきしょあと
関所跡
最終更新日 2002/04/03

市振は芭蕉の奥の細道越後路最後場所で、
ここで最後の句を詠みました。
「一つ家に 遊女も寝たり 萩と月」
句碑は道路挟んで反対側長円寺にあります。

芭蕉と曾良は旅の宿として、この「桔梗屋」を
選んだと推定されます。

この句は奥の細道上唯一の艶な句です。

関所は堀秀治がつくったと言われています。
現在は市振小学校のグランドとなっています
(壁紙)


市振

 越後の歴史探訪観光案内所