×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。








八丁

はっちょうおき
       こせんじょう
古戦場
最終更新日 2002/04/09

北越戦争時、長岡城を官軍に奪われた際に、
長岡藩家老河井継之助は、ここ八丁沖を渡って長岡城奪還を試みます。

折からの雨季で水が満ち、八丁沖は一大湖水のようになっていたといいます。

長岡軍は、無灯火で夜十時頃に八丁沖の北端から渡り、
月が出れば、泥の中に伏せつつ、午前五時に全体が渡破します。

官軍の不意打ちを狙ったこの作戦は成功、見事長岡城を奪還します。
河井継之助の作戦の白眉といっていいでしょう。

現在八丁沖には水はなく、古戦場跡地の碑があるだけとなっています。
(余ったスペースはゲートボール場として利用中。)

行き方は、長岡バイパス亀貝ICを降りたら、富島町方面に向かって走って下さい。

(壁紙は八丁沖の碑)


長岡市富島町

 越後の歴史探訪観光案内所