×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






与板町

歴史民俗
よいたまちれきしみんぞく
      しりょうかん
資料館
最終更新日 2002/03/30

まず目を引くのは、入り口の直江兼続像です。
(壁紙写真)館中には直江兼続の「愛」の字の
具足が展示されていますが、米沢上杉神社内の
ものとは意匠が異なっています。

パンフレット写真のの陣羽織は、家康が井伊直
政に功労として贈ったもので、孔雀尾でできて
います。

また井伊直安の衣装もあります。与板は與板県
となり明治を迎えますが、井伊直安は最後の藩
主でした。

良寛の父が与板出身であることから、与板には、
良寛の書や歌も多く残されています。当施設で
面白いのは、毬についての3行の漢詩です。
ここでは良寛の毬の極意が示されています。

当施設には浄土真宗本願寺派与板別院が隣接さ
れており、入り口には戦火を免れた与板城大手
門が移築されています。


与板町与板

 越後の歴史探訪観光案内所